« ストリーズが牛窓になる日 「牛窓デート marco」 | トップページ | ゴスペルナイトは大盛況 クリントン・カーター&Cコーラスゴスペルクワイヤ― »

2011年8月 5日 (金)

ゴスペルとは ゴスペルの魅力

ゴスペルと呼ばれているのは、おもに黒人教会で歌われいて、その中でも1960年代に登場したクワイア(聖歌隊)という形態のものです。
   17世紀初めから奴隷としてアフリカから連れて来られた黒人たちは、主人からキリスト教を教えられました。現実の生活があまりに悲惨だった奴隷にとっ て、イエス・キリストの救いと、苦しみのない永遠の神の国の約束はかけがえのないものになり、彼らの多くは熱烈な信仰をもつようになりました。
 当初は従来 あった賛美歌が歌われていました。アメイジング・グレイスなどはその一つです。やがて黒人の教会から彼ら独特の賛美歌が出てきました。現在「黒人霊歌」と して知られている歌の誕生です。1760年ころには最初の黒人霊歌が成立したと言われています。この黒人霊歌は、奴隷解放(1863年)後の1875年 頃、フィクス大学の学生たちからなるフィクス・ジュビリー・シンガーズが、欧米各地を巡回して歌ったことにより、広く知られるようになりました。その後、 1920年代にトーマス・A・ドロシーが、黒人霊歌をさらにポップな曲調で歌い、教会以外でも人気が出るようになりました。こうして黒人教会以外でも親し まれるようになり、現在の「ゴスペル」=「ブラックゴスペル」のイメージを与える下地が作られました。この後、ゴスペルは黄金期を迎え、その時代がジャ ズ、ソウル、R&B、カントリー、ロックンロールの源流となるのです。

現在の日本で一般的にイメージされている「ゴスペル」ですが、実はゴスペルミュージックについての紹介としては、ほんの一部のものでしかありません。
     さらに広い視点で語れば、もともとゴスペルとは英語で“Gospel”と綴り、God Spell(神の言葉)=Good Spell(良い知らせ)が変化した言葉だと言われており、日本語では「福音(=良い知らせ)」と訳されます。さて「福音」とは聖書のメッセージそのもの を表す言葉です。それは、新約聖書ヨハネの福音書3章16節「
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」という箇所にも集約されるように「神が無条件に全ての人を愛している」というメッセージを指し示す言葉でした。すなわち、本来音楽とは関係のない言葉だったのです。
     それが後に聖書のメッセージにメロディーをつけたもの全般をゴスペルミュージックと呼ばれるようになりました。

8月6日はGospel Night at STREAZZ
Clinton

ライブ当日は軽食もご用意しております。

多くのご来場お待ちしております。

Live Cafe STREAZZ

« ストリーズが牛窓になる日 「牛窓デート marco」 | トップページ | ゴスペルナイトは大盛況 クリントン・カーター&Cコーラスゴスペルクワイヤ― »

イベント案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554601/52086843

この記事へのトラックバック一覧です: ゴスペルとは ゴスペルの魅力:

« ストリーズが牛窓になる日 「牛窓デート marco」 | トップページ | ゴスペルナイトは大盛況 クリントン・カーター&Cコーラスゴスペルクワイヤ― »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ